森山です

お待たせしました~


って誰も待ってないと思いますが

前回のブログの続きです

以外と知られているようでしられていない、リンスとトリートメントとコンディショナーの違いです。
まず、リンスとトリートメントの基本的な違いについてです


★リンス

髪の表面を油分でカバーし、シャンプーの後の髪のきしみを防いで、手ざわりをよくすることができる。
また、髪の水分の蒸発をおさえることができる。しかし、毛髪の内部には作用しない。

★トリートメント

リンスと同じ効果があるが、毛髪の内部にまで、タンパク質成分が浸透できるので、ダメージ部分に栄養を補給する事ができる。

★コンディショナー

髪の表面をカバーするという点では、リンスに近いけど、リンスよりも髪の表面のコンディションを整える力が強いものと考えて下さい。

昔はリンスというと、洗浄力の強いシャンプーしかなかったので、洗い上がりがゴワゴワしている髪を、しっとりさせるためにリンスが必要でした。
しかし現在では、シャンプーもマイルド成分を含んでいるものが多くなって、リンスが本来持っていた働きは、だんだん必要なくなってきました。

そしてそのかわりに、リンスのように髪の表面を保護しつつも、それにプラスして、洗い上がりの髪に、しなやかさやコシを加える力などをも合わせて持っているコンディショナーが、リンスのかわりに使われるようになりました。

ただ、そうはいってもコンディショナーはリンスと同様、髪の中にまで作用する力を持っていないので、ダメージが気になる人はトリートメントを使うことをお勧めします

リンスとトリートメントを効果的に使うコツ

リンスとトリートメントの両方に言えることは、毛穴に油分を残してはいけないということです
 
シャンプーは、頭皮の油分や汚れをとるために、髪と毛穴の両方を洗うようにするものですが、同じようにして、リンスやトリートメントも、髪と毛穴の両方につけてしまったらどうなるでしょう

毛穴からは、毎日必要なだけ油分が出ているのですが、これに加えてリンスやトリートメントの油分が付着したら、頭皮と油分のバランスは崩れてしまうのです

リンスとトリートメントは、根元にはつけず中間~毛先を中心につけるようにしましょう
 
また、リンスはトリートメントと違って、時間をおいても髪の内部まで浸透しないので、髪になじませたら、そのまま洗い流して下さい
 
それとは反対に、トリートメントは時間をおくことで、髪の内部に浸透することができます

どうですかまだ書き足りないんですが…(笑)


次はお家で手軽にできる効果的なトリートメント方法をお伝えしたいと思います!!
[PR]
by kamyu240324 | 2012-05-17 22:30


<< お流しはできませんが(ー_ー)!! 暑いですね~ >>